改善施術について

足や爪は自立生活の生命線

健康寿命のカギは「足や爪」

健康寿命のカギは「足や爪」

平均寿命世界トップクラスの日本ですが、健康寿命として考えると10年前後は寝たきりの状態だと言われています。

その原因として運動器障害(足首、ひざ、腰など)による要因が上位をしめています。
その中で特に、体を支え続ける足に注目し、人間の健康にどれだけ足が影響しているか考えました。

その結果、足の爪の重要性に気づく事が出来ました。

 

巻き爪による様々な弊害

巻き爪による様々な弊害

巻き爪の痛みが出る事により、体重のバランスが崩れ、タコや魚の目が出来るようになります。

その後地面を踏み込む事が難しくなり、浮き指になります。その結果、知らない間に足裏が弱り、関節を支える靭帯や筋肉も次第に弱まると考えられます。その他、外反母趾、内反小趾、冷え、むくみなど様々な弊害にも繋がっていきます。

足の爪の痛みが、健康に影響する事がはっきりと分かりました。

例えば手の指を一本ケガをした場合、日常生活に支障をきたした事が皆様も一度は経験した事があるかと思います。
もしそれが全身の体重を支える足の指で支障をきたしてしまい、歩く事に影響が出てしまったら…
仕事、運転、外出など全てに影響が出てしまうでしょう。とても残念な事です。

ただ、日本では靴の文化や爪の理解がまだまだ浅いのが現状です。自分に合った靴の重要性、負担を軽減するインソールの必要性、そして自分自身の爪への理解。草履の文化が長かった日本人にとって、重要な足・爪への理解はまだまだ浸透していないのです。

爪のプロとして「ペディグラス テクノロジー」を取得

そこで、ネイリストとして・爪のプロとして

  • 巻き爪補正の価値を知って頂きたい
  • いつまでもキレイな足、爪でいてほしい
  • 生涯自立歩行の第一歩として

巻き爪矯正の世界特許商品でもあるペディグラス テクノロジーを取得いたしました。

補正施術について

ペディグラスとは・・・

従来の技術とは全く異なったタイプの技術です。

その仕上がりは見た目に大変美しく施術中にも痛みを伴なわず、たった1日でその痛みから解放される画期的な技術です。
また巻き爪の程度により完了までの回数は異なりますが、どんな状態の爪でも1ヶ月に1度の施術だけで確実に巻き爪の状態を変えて行く事ができます。

また、ペディグラスは、刃物を使わない安全なフットケア法です。
なかでも特許取得の巻き爪ケア器具は、痛みを与えず巻き爪の形を根元から作り変えるので再発率が低く、多くの方々に喜ばれ支持されています。

施術

巻き爪ケア専用の器具を爪に取り付け、巻き爪が平らになるようにケアする技術です。

巻き爪の広い範囲を一度に引き上げ、 圧の加わる部分が広い面になので、爪が割れる事がなく、根元までしっかり上げていきます。歯並びの悪い方が歯の矯正を行なうのと同じ様に、巻き爪もケアを行なって爪を真直ぐ正常な状態にする事が出来ます 。

ペディグラスの特徴

  • 痛くない
  • 美しい仕上がり
  • 月に1回の交換のみ
  • 爪を傷めない
  • 巻き爪のタイプを選ばない
  • 巻き爪が再発しにくい
  • 片側だけを上げることができる
  • 爪の根元から形を変える

爪と一体なのでインソールをしていても靴に当たらない巻き爪ケアは、単に、爪を切って痛みを取除いたり何かを詰めて痛みを軽減するような技術ではありません。

施術者より

鈴木 綾香

 

初めまして、Tribute 巻き爪担当の鈴木 綾香です。

ネイリストとして12年目、今まで沢山の手の爪はもちろん、多くの足の爪も見させて頂きました。

その中で巻き爪などお爪、皮膚の痛みや違和感などで悩む方とお会いしていく中で、独学で学びながら試行錯誤、対処させて頂いていましたが、やはりこのままでは物足りないと思い、調べれば調べるほど《足》というものが、とても難しく、とても奥深く、そして健康に生きていく中でとても重要なパーツ」であるということに気がつきました。

高齢化社会が進んでいく今、爪のプロであるネイリストとして〝生涯自足歩行という大きなテーマを掲げ、痛みをとって楽しく歩くことができるよう、少しでもお客様の健康に携わることができるよう『ペディグラス技術者』の資格を取得いたしました。

痛みがない」「再発率が低い」そして「補正中の見た目も綺麗」なペディグラスをぜひ体験して頂き、変化を実感して頂ければ幸いです。

まだまだですが、これからも日々勉強し悩んでいる方に必要とされる存在になりたいと思っております。

よろしくお願いいたします。お気軽に相談してくださいね。